2007年02月04日

【書評】『「アンアン」1970』赤木洋一著

「アンアン」1970
■時代先駆けた「かわいい」雑誌
 女性のファッションは謎だ。
 「なぜ、夏なのにマフラーをするんだ?」「冬にヘソを出したら寒かろう?」……。
 日本中で、男どもが首をかしげて、「なぜ?」とたずねると、「こういう着こなしが、かわいいの」という答えが返ってきたりする。
 「かわいい」
 本書は、この感覚が日本で最初に発見されたころに、女性たちの「かわいい」を、雑誌でどう表現するか、クリエイターたちと奮闘努力を重ねた編集者、赤木洋一氏がつづった物語である。
 “ひっちゃきおじさん”芝崎文編集長と天才アートディレクター堀内誠一を中心に、写真家の立木義浩・三朗兄弟、ファッションデザイナーのカネコイサオ、イラストレーターの長沢節や、モデルでは立川ユリ、秋川リサといったそうそうたるクリエイターが集まり、「アンアン」作りが始まった。彼らが生み出した「アンアン」がどれほど画期的だったかは、女性ならよくわかるはずだ。
 誌面デザインでは、ファッションの本場パリの「エル」編集者に、「こんな繊細なデザインは信じられない!」と絶賛される。モデルの履くゴム長靴には、「かわいい」と問い合わせが殺到。そのため、値段やどこで買えるかという商品情報が掲載されることに。
 スタイリストやヘアメイクをちゃんと職業として扱うようになったのも「アンアン」から。とにかく、雑誌のつくりも、「かわいい」内容も、時代を先駆けていたのだ。


<提供:産経新聞社>

今や知らない人なんかいないくらいの雑誌だもんね。
やっぱ才能あるやつばっかり集まるとすごいモノになるんやね。
サスガ!!
【おまけ】平凡パンチ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の「六〇年代」最初のピークの年、一九六四年。銀座歌舞伎座裏の社屋から、『平凡パンチ』は生まれた。その直前に創刊スタッフとして入社した著者は、沸騰する六〇年代文化と変貌する東京の渦中に巻き込まれ、かつ自ら飛び込み、時代のさまざまな相貌に出会っていく。時代も人も雑誌も会社も、すべてがユニークで面白かった。雑誌づくりの現場から鮮やかによみがえる、黄金時代=六〇年代のめくるめくクロニクル。
posted by performer at 23:05| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

「韓流が寒流になった」韓国…ただ今「日流」

アジアを席巻した韓流ブームが冷え込んでしまい、韓国では「韓流が寒流になった」(韓流、寒流とも韓国語の発音はハンリュで同音)などと自嘲(じちょう)気味の声が聞かれる。

 韓国映画振興委員会によると、昨年の韓国映画の輸出額は一昨年に比べ約70%も減少。特に対日輸出は前年比82%減と深刻で、日本人の韓流観光客の訪韓も減少傾向が続いている。ヨンさまの「冬のソナタ」で一躍、有名になった韓国東北部、江原道の春川などロケ地も客足は20−30%減で、日本、中国、東南アジア観光客の減少が続いている。

 ただ、「ヨンさま」ことペ・ヨンジュン人気は健在。ヨンさまは昨年、所得税で約97億ウォン(約12億1000万円)収めた。これは2005年の所得約329億ウォン(約41億円)への課税だが、所得の約9割はCMや著作権などで日本で稼いでいる。

 韓流映画が昨年、落ち込んだのは「一部のスターに頼ったブームだった一方、作品性の欠如」というのが大方の分析だが、そのかわりに韓国では現在、日本作品のリメーク・ブームだ。

 話題をさらっているのは山崎豊子氏原作の「白い巨塔」の韓国リメーク・ドラマ。約15%の高視聴率で人気上昇中だ。恋愛、家族ものの多かった韓国テレビ界に「白い巨塔」は新風を吹き込んだ。

 整形美人ものの日本のラブコメディー漫画「カンナさん大成功です」の韓国リメーク映画「美女はつらいの」も封切り一カ月で観客動員500万人を突破した。日本での韓流ブームに続く韓国での日本作品のリメーク・ブーム。日韓のエンターテインメント界は本格交流時代に入ったのかもしれない。(ソウル 久保田るり子)

<提供:産経新聞社>




あらら。。けどまだまだ根強い人気らしい。
巷では、
韓国ドラマ「宮」(グン)
てのが人気なんだって?知ってた?

視聴率抜群の花より男子な感じ?w


「白い巨塔」の韓国リメーク・ドラマ「ドクターズ」
出演は、チャン・ドンゴン/イ・ヨンエ/ソン・チャンミン/シン・ジュリ。甘いマスクのチャン・ドンゴンがイメージを刷新して、冷酷非情な医師を熱演し、「JSA」のイ・ヨンエがヒロインを演じた話題の韓国ドラマだってさ。

人気になる訳だ。納得(笑)

posted by performer at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK「松坂」すべて放送、注目試合は生中継

「NHKは1日、米大リーグのボストン・レッドソックスの
松坂大輔
投手が先発登板する試合について、録画も含めすべて放送すると発表した。チャンネルは決まっていないが、初登板など注目試合は生放送する予定という。
 大リーグ全体でも、ヤンキース、マリナーズを中心に、BS1、BSハイビジョン、総合の3チャンネルで昨年より55試合多い計290試合を放送する。」

<提供:産経新聞社>


すごい注目度!!さすが松坂!!
これで、大リーグ人気も益々上がるね!!
しかし、NHK頑張ってるよねw

イチロー
もいるし、見逃せないな!!








ラベル:スポーツ
posted by performer at 19:59| Comment(10) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright(C)2007 Performer All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。